極低出生体重(VLBW)児において、サイトメガロウイルス(CMV)血清反応陰性の白血球除去血液製剤を用いれば、輸血を介したCMV感染は予防できるが、その後、主に母乳を介して感染するリスクがあることが、前向きコホート研究の結果として示された。米国Children’s Healthcare of AtlantaのCassandra D. Josephson氏らが、JAMA Pediatrics誌電子版に2014年9月22日に報告した。

ログインして全文を読む