頭蓋内出血(ICH)患者に対する入院期間中のスタチン投与が、30日生存率と、退院先が自宅またはリハビリ施設になる患者の割合を有意に上昇させること、入院前からスタチンを使用していた患者では、使用を中止しない方がよいことが後ろ向きコホート研究の結果として示された。米国Kaiser Permanente Northern CaliforniaのAlexander C. Flint氏らが、JAMA Neurology誌電子版に2014年9月22日に報告した。

ログインして全文を読む