ランダム化比較試験(RCT)におけるオリジナルの結論と、患者データを用いた再分析の結論を比較した初めての試みにより、オリジナルの結論が再分析で支持されない研究が3件に1件の割合で見られることが示された。米国Stanford大学のShanil Ebrahim氏らが、JAMA誌2014年9月10日号に報告した。

ログインして全文を読む