ハイリスク出血性潰瘍で内視鏡治療を受けた患者に対する間欠的なプロトンポンプ阻害薬(PPI)投与は、ガイドライン推奨レジメンに対して非劣性であることが、システマティックレビューとメタアナリシスの結果として示された。米国Yale大学のHamita Sachar氏らが、JAMA Internal Medicine誌電子版に2014年9月8日に報告した。

ログインして全文を読む