低炭水化物ダイエットと低脂肪ダイエットはどちらも有効で、どのダイエット法でも半年後には有意な体重減少が得られることが、ランダム化比較試験(RCT)を対象とするネットワークメタアナリシスの結果として示された。カナダHospital for Sick Children Research InstituteのBradley C. Johnston氏らが、JAMA誌2014年9月3日号に報告した。

ログインして全文を読む