スルホニルウレア(SU薬)のグリピジドまたはグリブリドを処方されている高齢者に対するクラリスロマイシン、レボフロキサシン、スルファメトキサゾール・トリメトロプリム、メトロニダゾール、シプロフロキサシンという抗菌薬の処方は、14日以内の低血糖による救急部門受診または入院のリスクを有意に上昇させることが後ろ向き研究の結果として示された。米国Texas大学医学部Galveston校のTrisha M. Parekh氏らが、JAMA Internal Medicine誌電子版に2014年9月1日に報告した。

ログインして全文を読む