エゼチミブはコレステロール値を下げるが、アテローム性動脈硬化の進行抑制作用は持たないことを示した大規模臨床試験ENHANCE試験の結果が2008年1月に公表され、4月に論文発表された。しかしこの結果を受けても、米国では同薬の処方を受ける患者の割合に有意な減少が生じていないことがこのほど示された。米Yale大学のJoseph S. Ross氏らが、JAMA Internal Medicine誌電子版に2014年7月28日に報告した。

ログインして全文を読む