バレニクリンとニコチン代替療法(NRT)を併用した場合の禁煙成功率と安全性を、バレニクリンのみを使用した場合と比較した過去最大規模の二重盲検ランダム化比較試験(RCT)の結果、併用による利益は有意に高いことが示された。南アフリカStellenbosch大学のCoenraad F. N. Koegelenberg氏らが、JAMA誌2014年7月9日号に報告した。

ログインして全文を読む