中国の未就学児を対象に血中鉛濃度と問題行動の関係を調べた前向きコホート研究の結果、平均血中濃度が6.4μg/dLの集団においても、鉛の血中濃度が高いほど行動に問題を有するリスクが高いことが示された。米Pennsylvania大学のJianghong Liu氏らが、JAMA Pediatrics誌電子版に2014年6月30日に報告した。

ログインして全文を読む