2型糖尿病患者に対する血糖降下療法が患者の質調整生存年(QALYs)に与える影響をシミュレーションした結果、HbA1cが9%未満の患者では、治療の負荷を重視して治療戦略を決める必要があることが示された。米Ann Arbor退役軍人病院のSandeep Vijan氏らが、JAMA Internal Medicine誌電子版に2014年6月30日に報告した。

ログインして全文を読む