早期のびまん皮膚硬化型全身性強皮症患者を登録して、自家造血幹細胞移植(HSCT)の有効性と安全性をシクロホスファミドのパルス療法と比較したフェーズ3試験の結果、HSCTには、治療1年目に治療関連死亡が見られるものの、それ以降は生存利益が有意に高まることが示された。英Newcastle大のJacob M. van Laar氏らが、JAMA誌2014年6月25日号に報告した。

ログインして全文を読む