TNFα阻害薬は炎症性腸疾患(IBD)に高い有効性を示す治療薬だが、癌リスク上昇が懸念されていた。デンマークで行われた大規模で長期にわたる追跡の結果、TNFα阻害薬使用者に癌リスクの上昇は見られないことが示された。デンマークStatens Serum InstitutのNynne Nyboe Andersen氏らが、JAMA誌2014年6月18日号に報告した。

ログインして全文を読む