肺癌の中で最も患者数が多い肺腺癌では、患者の半数以上が癌関連遺伝子の変異を持つことが知られている。進行肺腺癌患者を対象に腫瘍に存在する癌関連変異を同定し、その結果に基づいて治療薬を選択することで生存期間の延長が期待できることが、観察研究の結果として示した。米Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのMark G. Kris氏らが、JAMA誌2014年5月21日号に報告した。

ログインして全文を読む