尿アルブミン/クレアチニン比(ACR)と、尿中アルブミン濃度(UAC)の診断精度には差がないことが、システマティックレビューとメタアナリシスの結果として示された。台湾の亜東記念医院のHon-Yen Wu氏らが、JAMA Internal Medicine誌電子版に2014年5月5日に報告した。

ログインして全文を読む