10〜24歳の若年うつ病患者に対して、最頻用量を超える高用量で抗うつ薬の処方を開始すると、自殺・自傷リスクが2倍以上になることがマッチドコホート研究の結果として示された。米Harvard 公衆衛生大学院のMatthew Miller氏らが、JAMA Internal Medicine誌電子版に2014年4月28日に報告した。

ログインして全文を読む