破裂していない脳動静脈奇形(bAVM)が見つかった患者に対する保存的治療と積極的介入の転帰への影響を12年後まで追跡した結果、全死因死亡または持続的な障害の発生リスクは、保存的治療の方が低いことが示された。英Edinburgh大学のRustam Al-Shahi Salman氏らが、JAMA誌2014年4月23/30日号に報告した。

ログインして全文を読む