非制限的な輸血に比べて制限的な赤血球輸血は、入院患者における医療関連感染症リスクを有意に低減すること、特に輸血を行うヘモグロビン閾値を7.0g/dL未満に設定するとその効果が高いことが、システマティックレビューとメタアナリシスの結果として示された。米Michigan大のJeffrey M. Rohde氏らが、JAMA誌2014年4月2日号に報告した。

ログインして全文を読む