米国高血圧合同委員会(JNC)の新しいガイドラインJNC8は、約10年前に公表されたJNC7ガイドラインに比べて60歳以上の高齢者と糖尿病患者、慢性腎臓病(CKD)患者に対する降圧目標を緩やかな値に変更している。米国の成人を代表する集団データを利用して、ガイドラインの改訂が及ぼす影響を評価した結果、特に高齢者に対する影響が大きいことが示された。米Duke大医療センターのAnn Marie Navar-Boggan氏らが、JAMA誌電子版に2014年3月29日に報告した。

ログインして全文を読む