バレット食道で軽度異形成が確認された患者に対する内視鏡的ラジオ波焼灼療法により、高度異形成または腺癌への進行リスクを顕著に低下できることが、多施設ランダム化比較試験(RCT)SURFの結果として示された。オランダAmsterdam大学病院のK. Nadine Phoa氏らが、JAMA誌2014年3月26日号に報告した。

ログインして全文を読む