生殖年齢の女性の侵襲性インフルエンザ菌(H. influenza)感染症について疫学的に調べ、妊婦が感染した場合の妊娠転帰への影響を検討した結果、妊婦の感染リスクは非常に高いこと、特に無莢膜型インフルエンザ菌の感染が多く、感染は流産や死産、早産に関係することが示された。英イングランド公衆衛生局のSarah Collins氏らが、JAMA誌2014年3月19日号に報告した。

ログインして全文を読む