貧困度の高い地域から低い地域に転居させる介入は、対象となった思春期の男児における精神疾患リスクを高め、一方、女児ではリスクを低下させることが、米国で行われた実験プログラムを分析した結果、明らかになった。米Harvard大のRonald C. Kessler氏らが、JAMA誌2014年3月5日号に報告した。

ログインして全文を読む