米国で経皮的冠動脈インターベンション(PCI)を受けた患者のデータを分析した結果、輸血により、心筋梗塞、脳卒中、死亡のリスクが有意に上昇することが示された。ただし、PCI前のヘモグロビン値が10g/dL以下でPCI時に出血した患者では利益が見られた。米Duke Clinical Research InstituteのMatthew W. Sherwood氏らが、JAMA誌2014年2月26日号に報告した。

ログインして全文を読む