降圧薬の使用と転倒による重篤な外傷リスクを、米国の高齢者を代表する集団で検討した結果、中強度以上の降圧治療が外傷リスクを上昇させる可能性が示された。米Yale大のMary E. Tinetti氏らが、JAMA Internal Medicine誌電子版に2014年2月24日に報告した。

ログインして全文を読む