選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)のシタロプラム(国内未承認)が、アルツハイマー病(AD)患者の焦燥性興奮(以下、興奮)に対して、有効であることがプラセボ対照の二重盲検ランダム化比較試験(RCT)CitADの結果として示された。ただし、MMSEに基づく認知機能の低下と心電図上のQT延長という問題も明らかになった。米Rochester大のAnton P. Porsteinsson氏らが、JAMA誌2014年2月19日号に報告した。

ログインして全文を読む