生体腎を提供すると、その後の末期腎不全(ESRD)リスクは上昇するのか。腎提供の条件を満たす健康な非ドナーと比較すると、生体腎ドナーのESRDリスクは有意に高いことが示された。ただし、一般集団と比較するとリスクは低かった。米Johns Hopkins大のAbimereki D. Muzaale氏らが、JAMA誌2014年2月12日号に報告した。

ログインして全文を読む