米国の成人を代表する集団のデータを分析した結果、総摂取熱量に占める添加砂糖由来熱量の割合が高いほど、心血管死亡リスクが高いことが示された。米疾病対策センター(CDC)のQuanhe Yang氏らが、JAMA Internal Medicine誌電子版に2014年2月3日に報告した。

ログインして全文を読む