精神疾患患者に対しては、通常12週間の薬物療法を1年間に延長することで持続的な禁煙達成率を向上できる可能性がランダム化比較試験(RCT)の結果として示された。米Harvard大のA. Eden Evins氏らが、JAMA誌2014年1月8日号に報告した。

ログインして全文を読む