米国の喫煙者は着実に減少したが、精神疾患患者の喫煙率は有意な低下を示していないが、精神疾患の治療により禁煙率が上昇する可能性があることが、米国で行われた調査の結果として示された。米Harvard大のBenjamin Le Cook氏らが、JAMA誌2014年1月8日号に報告した。

ログインして全文を読む