米国で1964年に開始されたたばこ規制が公衆衛生に及ぼした影響を推定した結果、多面的なたばこ規制策が喫煙関連の早期死亡の回避と、余命延長に大きく貢献していることが示された。米Yale大公衆衛生学部のTheodore R. Holford氏らが、JAMA誌2014年1月8日号に報告した。

ログインして全文を読む