非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)のジフルニサル(国内販売中止)に、家族性アミロイドポリニューロパチー(FAP)の神経障害を抑制する効果があることが二重盲検のランダム化比較試験(RCT)の結果として示された。米Boston大AmyloidosisセンターのJohn L. Berk氏らが、JAMA誌2013年12月25日号に報告した。

ログインして全文を読む