プロトンポンプ阻害薬(PPI)とH2ブロッカーの長期使用は、その後のビタミンB12(VB12)欠乏症のリスク因子となる可能性が、米国で行われたコホート内ケースコントロール研究(ネステッドケースコントロール研究)の結果として示された。米Kaiser Permanente OaklandのJameson R. Lam氏らが、JAMA誌2013年12月11日号に報告した。

ログインして全文を読む