低線量CTによるスクリーニング(検診)で発見される肺癌の約2割は、症状をもたらさない低悪性度の腫瘍であり、低線量CTには過剰診断のリスクが高い可能性が、前向き研究National Lung Screening Trial(NLST)を分析した結果として示された。米Duke大医療センターのEdward F. Patz氏らが、JAMA Internal Medicine誌電子版に2013年12月9日に報告した。

ログインして全文を読む