多枝冠動脈疾患に対する経皮的冠動脈インターベンション(PCI)と冠動脈バイパス術(CABG)の1年以上の長期転帰を比較したランダム化比較試験(RCT)のメタ解析の結果、死亡、心筋梗塞、血行再建術再施行のリスクはPCIに比べてCABGで有意に低いことが示された。トルコAcibadem大のIllke Sipahi氏らが、JAMA Internal Medicine誌電子版に2013年12月2日に報告した。

ログインして全文を読む