既存の治療に反応しない難治性クローン病の小児患者にサリドマイドを投与した初めてのランダム化比較試験(RCT)で、6割以上の患者が臨床的寛解を達成することが示された。イタリアInstitute for Maternal and Child Health IRCCS Burlo GarofoloのMarzia Lazzerini氏らが、JAMA誌2013年11月27日号に報告した。

ログインして全文を読む