経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVR、もしくは径カテーテル的大動脈弁留置術[TAVI])の市販後調査で、デバイス留置成功率は92%、院内死亡率は5.5%と、これまでの臨床試験などで得られた転帰と同様であることが示された。米Baylor Heart HospitalのMichael J. Mack氏らが、JAMA誌2013年11月20日号に報告した。

ログインして全文を読む