心血管代謝危険因子の管理に加えて減量することが、心房細動(AF)の症状を改善することが、ランダム化比較試験(RCT)の結果として示された。心室中隔厚と左房径の改善も認められた。オーストラリアAdelaide大のHany S. Abed氏らが、JAMA誌2013年11月20日号に報告した。

ログインして全文を読む