院内心停止を起こして心肺蘇生を受けた患者が、神経学的転帰良好な状態で生存退院できる可能性を予測するツール「GO-FARスコア」が開発された。入院後に得られる13項目の情報を利用する。米Georgia大のMark H. Ebell氏らが、JAMA Internal Medicine誌2013年11月11日号に報告した。

ログインして全文を読む