テストステロン補充療法を受けている男性では、受けていない男性に比べて、全死因死亡、心筋梗塞、脳卒中のリスクが1.3倍になることが、後ろ向きコホート研究の結果として示された。米Texas大Southwestern医療センターのRebecca Vigen氏らが、JAMA誌2013年11月6日号に報告した。

ログインして全文を読む