重症化リスクの高い横紋筋融解症患者を、年齢や性別、検査値などを用いて早期に判別する予測ツールが開発された。米Brigham and Women’s HospitalのGearoid M. McMahon氏らが、JAMA Internal Medicine誌2013年10月28日号に報告した。

ログインして全文を読む