糖尿病で多枝病変を有する患者に対する冠動脈インターベンション(PCI)、もしくは冠動脈バイパス術(CABG)後の狭心症関連の健康状態とQOLを比較したランダム化比較試験(RCT)の結果、6カ月から2年後では、狭心症の頻度、身体活動の制限、QOLの改善はCABGの方が若干大きいが、それ以降では有意差がないことが示された。米Saint Luke’s Mid America Heart InstituteのMouin S. Abdallah氏らが、JAMA誌2013年10月16日号に報告した。

ログインして全文を読む