敗血症性ショックの患者のうち、心拍数が95/分以上で、ノルエピネフリンなしでは平均血圧を65mmHg以上に維持できない人々に対するβ遮断薬の連続静注は、心拍数の適切な維持に役立ち、死亡リスクも低減させることが示された。イタリアRome大学のAndrea Morelli氏らが、JAMA誌電子版に2013年10月9日に報告した。

ログインして全文を読む