肥満の変形性膝関節症(OA)患者では、運動のみよりも、厳格な食事制限や食事制限と運動の併用を行った方が、膝関節への負荷を減らして炎症を抑えることが、ランダム化比較試験(RCT)「IDEA」の結果として示された。米Wake Forest大学のStephen P. Messier氏らが、JAMA誌2013年9月25日号に報告した。

ログインして全文を読む