直接レニン阻害薬のアリスキレンを冠動脈疾患患者に投与し、動脈壁への利益の有無をプラセボと比較したランダム化比較試験(RCT)で、プラークへの影響は両群に有意差がないという結果が示された。オーストラリアSouth Australian Health and Medical Research InstituteのStephen J. Nicholls氏らが、JAMA誌電子版に2013年9月3日に報告した。

ログインして全文を読む