C型肝炎ウイルス(HCV)に対する直接作用型抗ウイルス薬であるソフォスブビルにリバビリンを併用し、治療に対する反応が好ましくないと予想された患者を含む集団に適用した結果、48〜68%の患者が24週までの持続的ウイルス陰性化(SVR)を達成した。米国立衛生研究所(NIH)のAnuoluwapo Osinusi氏らによる研究の結果で、論文はJAMA誌2013年8月28日号に掲載された。

ログインして全文を読む