青年期後期の男性約48万人を37年追跡した研究で、アルコール中毒、脳卒中など、若年性認知症の罹患の有無に有意に関係する危険因子が9つ同定された。スウェーデンUmea大学のPeter Nordstrom氏らが、JAMA Internal Medicine誌電子版に2013年8月12日に報告した。

ログインして全文を読む