移植腎機能不全リスクは14〜16歳で腎移植を受けた患者で最も高く、移植10年後でも高リスクのままであることが、米Florida大学医学部のKenneth A. Andreoni氏らの研究で示された。論文は、JAMA Internal Medicine誌2013年7月29日号に掲載された。

ログインして全文を読む