非転移性の前立腺癌と診断された患者を対象とするネステッドケースコントロール研究で、アンドロゲン除去療法(ADT)を受けている患者に急性腎障害(AKI)リスクの有意な上昇が見られることが明らかになった。カナダJewish General HospitalのFrancesco Lapi氏らが、JAMA誌2013年7月17日号に報告した。

ログインして全文を読む