診断後の非転移性前立腺癌患者では、炭水化物の代わりに植物性脂肪を摂取することに生存利益があることが、4000人以上の患者を対象とした前向き研究の結果、明らかになった。米California大学San Francisco校のErin L. Richman氏らが、JAMA Internal Medicine誌2013年7月22日号に報告した。

ログインして全文を読む