院内心停止を起こし、バソプレシンの適応とされた患者に、心肺蘇生(CPR)中にバソプレシン、エピネフリン、ステロイドの3剤(VSE)を投与し、蘇生後にショックを起こした患者にはステロイドを投与すると、蘇生中にエピネフリンのみを投与した患者に比べ、脳機能のスコアが良い状態で生存退院できる患者が有意に増えることが明らかになった。二重盲検のランダム化比較試験(RCT)の結果は、ギリシャAthens大学のSpyros D. Mentzelopoulos氏らによってJAMA誌2013年7月17日号に報告された。

ログインして全文を読む