選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)のエスシタロプラムを6週間投与すると、精神的ストレス誘発性心筋虚血(MSIMI)の発生が抑制されることが、ランダム化比較試験(RCT)で明らかになった。米Duke大学のWei Jiang氏らが、JAMA誌2013年5月22日/29日号に報告した。

ログインして全文を読む